ニューカレドニア/ベストシーズン・時期は?目的別に解説[体験談]

※当サイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を利用しています。

fa713636cc6bbbe614abf19568eda1e7 ▶ 旅行
d6b1106067aabf5c217b43c2c1eb198a

ニューカレドニアに行きたい!

ベストシーズンはいつだろう?

マリンスポーツやショッピングも楽しみたいな!

ニューカレドニアは日本と季節が異なるので、「マリンスポーツしても寒くない」「雨が少ない」シーズンがいつなのか気になりますよね。

結論からいうと、基本的にニューカレドニアのベストシーズンは10~2月(春~夏)です

しかし観光の目的によってベストシーズンは異なり、10~2月以外の時期がおすすめの場合もあるんですよ。

りん
りん

海で泳ぐなら1~3月、街中観光やゴルフなら7~10月が狙い目なんです♪

ニューカレドニアのベストシーズンを知るには、現地の気候を知り、観光の目的を決めることが大事!

実際に現地を旅行した経験をもとに解説しますので、旅行の時期を決めるのにぜひ参考にしてください♪

▼私の旅行費用総額を公開しています

ニューカレドニア/物価は高い!観光費用を安くする5つのコツ

「海外の旅行サイトは安いけど不安」と感じていませんか?

旅行初心者さんが航空券・ホテルを予約するなら、エアトリのアプリがおすすめです♪

  • シンプルでわかりやすい
  • 運営会社が日本企業で安心
  • 航空券・ホテル代の5%がポイント還元
▼ ここから無料でダウンロードする ▼
航空券/飛行機予約なら-エアトリ 格安チケットで楽しく旅行
航空券/飛行機予約なら-エアトリ 格安チケットで楽しく旅行
開発元:AirTrip Corp.
無料
posted withアプリーチ

エアトリで損をしない予約方法』は、以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

[ニューカレドニアのベストシーズン]気候の特徴

こちらは気象庁が公開している、首都ヌメアにおける気温・降水量のグラフです。

気象庁 気温・降水量グラフ(ヌメア)
出典元:気象庁(https://www.data.jma.go.jp/cpd/monitor/climatview/graph_mkhtml_nrm.php?n=91592&m=1)

ニューカレドニアの気候には、以下の特徴があります。

  • 日本と季節が逆
  • 年間を通して気温差が少ない(平均気温23℃)
  • 降水量が少ない(日本の約2/3)

真夏の2月は最高気温28℃、真冬の8月は最低気温18℃くらいが目安。

降水量は少なく、スコールのようにドカッと降ってもすぐ止むことが多いです。

他のリゾート地に比べ、過ごしやすい気候といえますね。

りんの体験談

私が12月上旬に行った際は、日中は30℃くらいでカラッと暑く、夜は22℃くらいで涼しかったです。

日差しは強くても湿度が低いので、日本で同じ30℃の時よりも快適!

海へ入るのが少し寒い日もありましたが、マリンスポーツもしっかり楽しめました♪

[ニューカレドニアのベストシーズン]季節別・おすすめの服装

では、具体的にどんな服装をして行けばいいのでしょうか?

シーズン別のおすすめコーデがこちらです!

  • 春(10~12月)
    半袖、ハーフまたはロングパンツ、長袖の羽織り
  • 夏(1~3月)
    半袖やノースリーブ、ハーフパンツ
  • 秋(4~6月)
    半袖、ハーフまたはロングパンツ、長袖の羽織り
  • 冬(7~9月)
    半袖や長袖、ハーフまたはロングパンツ、長袖の羽織り

日本より暑いニューカレドニアですが、湿度が低く夜は冷えるので長袖を持参しましょう

靴はサンダルで入れないお店(高級フレンチなど)があるので、スニーカーがおすすめです◎

日本の初夏の服装と、念のために羽織りがあれば安心ですね!

りんの体験談

12月上旬は、半袖とショートパンツでちょうどいい気温でした。

夜の海岸沿いはかなり風が冷たいので、上着は必須です!

ホテルによっては冷え込むため、冷え性の方は長袖の寝間着も持参しましょう。

▼ニューカレドニア旅行ならではの持ち物はこちら

ニューカレドニア/旅行の必需品・あると便利なモノ30選[体験談]

[ニューカレドニアのベストシーズン]旅の目的に応じたおすすめ時期は?

ニューカレドニアは、訪れる目的によってベストシーズンが異なります。

旅の目的別に、ベストシーズンを解説していきますね!

スポンサーリンク

マリンスポーツを楽しむなら1~3月

994806d325e47934f86e2061da296646

せっかくのビーチリゾートなら海でしょ!!

という方におすすめなのが、夏の時期にあたる1~3月です。

じりじりと日差しが強いですが、湿度がない分快適!

シュノーケリングや水上スキー、SUPにカヤック…やるべきことが盛り沢山ですね♪

この時期は植物たちも元気になり、南国らしい鮮やかな花が咲く様子も見られますよ。

ダイビングに限っては、11~5月でも十分楽しめます。

ウェットスーツを着るので、涼しい季節でも寒さを感じにくいんですよ◎

街の観光やハイキングをするなら7~10月

d6b1106067aabf5c217b43c2c1eb198a

海は入らず、のんびり眺めたいな。

それよりグルメやハイキングを楽しみたい!

という方には、冬から春にかけての7~10月がおすすめ。

日差しが弱まって涼しく、雨も少ないので街歩きにピッタリです◎

ニューカレドニアは海だけじゃなく、美味しいレストランや手つかずの森林も人気!

ゴルフや乗馬、森林探検に興味がある方は、夏季休暇を利用して観光しましょう♪

旅費を抑えるなら6~9月

7bf6ec19518e6e9a36b7317c6b51d174

費用を抑えながら、リゾート感を楽しみたい!

という方は、一般的にオフシーズンである6~9月が良いでしょう。

この時期の日本は夏本番ですが、ニューカレドニアは最も涼しい時期を迎えます。

海に入るのが難しい分、ホテルやツアーが値下がりしており、予約も取りやすくておすすめ!

離島のコテージを安く予約して、海を眺めながらのんびり過ごすのにピッタリですよ。

▼ニューカレドニアの旅費を抑えるコツはこちら

ニューカレドニア/物価は高い!観光費用を安くする5つのコツ

[ニューカレドニアのベストシーズン]観光の目的を決めよう!人気スポット紹介

ニューカレドニアは、興味のある観光地や体験によって行くべきシーズンが変わります。

観光の目的が決まれば、おのずとベストシーズンが見えてきますよ!

ニューカレドニア旅行でぜひ訪れたい観光スポットを、エリア別にご紹介します♪

▼新婚旅行にピッタリのモデルコースはこちら

ニューカレドニア[新婚旅行3泊5日]丸パクリOK!観光モデルコース

ヌメア市内(ココティエ広場周辺の市街地)

観光客が必ず訪れる、首都ヌメア

まずはヌメア市街地の観光スポットをご紹介します。

困ったらここへ◎[ココティエ広場]

48cef9802e6b0599b24b7d62b076c095

ヌメア市街地の中心にあり、様々な観光地へアクセスしやすい場所です。

バス停やタクシー乗り場・無料トイレが設置され、フリーWi-Fiも使えてとっても便利!

近くには日本語のパンフレットを置く観光案内所もあります♪

地元民はゆったりとベンチで過ごしたり、おしゃべりに花を咲かせたりする憩いの場です。

迷ったら買いたい![朝市(マルシェ)]

3a663a4d45bdc351b5bcfcc89fb89179

ココティエ広場から徒歩10分ほどの、モーゼル湾に面したマルシェです。

ニューカレドニア名物・天使のエビなどの新鮮な魚介類や農産物、地元の民芸品が揃います♪

同じものをアンスバタエリアで買うより絶対安いので、欲しいものがあれば迷わずゲットしましょう。

食材調達やお土産選びに、1度は訪れたいスポットです。

りん
りん

マルシェ内のカフェでは、丼ぶりサイズのカフェラテとクロックマダムが絶品ですよ!

営業時間 5:00頃~11:30頃

定休日  月曜

厳かな名所[サン・ジョセフ大聖堂]

5e5f56d005aba5ff2c7831d72601a87b

ココティエ広場から徒歩10分ほどで行ける、ヌメアを代表する教会です。

フランス製の見事なステンドグラスや、ニューカレドニア産ニッケルで作られたシャンデリアは必見!

外にはジャンヌ・ダルク像もあり、見晴らしがよく気持ちがいい場所です♪

午前中はミサをやっているので、撮影には気を付けましょう◎

営業時間 6:00~17:30
※土曜は16:30まで、日曜は11:00まで

定休日  なし

入場料  無料

街と海を見下ろす絶景![F.O.Lの丘]

1670545 m

ココティエ広場から急な階段を登り、徒歩20分ほどにある高台です。

ヌメアの街とモーゼル湾が一望できる絶景スポット

南国とフランスの魅力が融合した景色は、まさにニューカレドニアの象徴です。

延々と上り坂を歩いていくので、ドリンクを持参するのがおすすめですよ。

2023年12月現在、F.O.Lの丘は工事中です。

高台の頂上には上がれませんが、少し下ったところから景色が見えます!

ヌメア市内(アンスバタビーチ・シトロン湾)

次はヌメア市街地を離れ、アンスバタビーチとシトロン湾周辺の観光地をご紹介します。

ホテルや飲食店が多く、最も賑わうエリアです!

タクシーやバスなら10分ほどで移動できますよ♪

ヌメアで最も賑わう場所[アンスバタビーチ]

1638386 m

ホテルや飲食店、ショッピングモールが立ち並ぶニューカレドニアを代表するビーチです。

ビーチ沿いにはマリングッズのレンタルショップもあり、とっても賑やか!

観光客はもちろん、夕方になると学校帰りの子どもたちの遊び場になります◎

幻想的な紫色のサンセットは、ぜひ見ておきたい絶景ですよ。

アンスバタビーチへ行くならこのホテル

手軽に離島トリップ♪[カナール島]

アンスバタビーチから、タクシーボートで5分ほどの無人島です。

海の透明度が非常に高く、シュノーケリングにピッタリ!

「カモがいる島」という名前の通り、人懐っこいカモたちがゆったり過ごす様子も見られます。

レストランとビーチチェアだけの小さな島ですが、手軽に離島気分を味わえますよ♪

移動時間 ボートで約5分(8:30~随時出港)

料金   往復1,000CFP(約1,300円)

カナール島へ行くならこのホテル

どこまでも広がる絶景[ウアントロの丘]

ル・メリディアン・ヌメア・リゾート&スパの裏手に位置する小高い丘です。

頂上には第二次世界大戦で使われた砲台があり、アンスバタビーチやメトル島・アメデ島、ニューカレドニアの山々を望む絶景スポット

芝生やベンチがあり、ピクニックにも最適です♪

ル・メリディアン・ヌメア・リゾート&スパからは徒歩30分ほどですが、ちょっとした山道なので、ぜひスニーカーで行きましょう。

ウアントロの丘へ行くならこのホテル

便利にお買い物![ラ プロムナード ショッピングセンター]

3550817 m

アンスバタビーチ沿いのホテル”ヒルトン ヌーメア ラ プロムナード レジデンス“1階に入る商業施設

ここにはブティックやスイーツ店、化粧品店など様々なお店が揃います◎

お土産屋さんの”AQUA“は日本人のご夫婦が経営されており、日本語OKの貴重なお店!

すべての商品に日本語で説明が付いているので、とっても買い物しやすいですよ。

比較的夜遅くまで開いている店が多く、夕食後にふらっと立ち寄れるのが嬉しいスポットです。

ラ プロムナード ショッピングセンターへ行くならこのホテル

小さくても見応えあり[ラグーン水族館]

018aed70e86dd4b79347c59f857110b9 edited

アンスバタビーチからシトロン湾へ少し歩いた場所にある、小さな水族館です。

中は入り組んだ造りで、外観からは想像できないほどたくさんの展示が!

オウムガイや光るサンゴなどの珍しい生物が見られ、小さくても見ごたえがあります◎

人気スポットですが比較的空いていて涼しいので、街歩きの休憩に訪れるのもいいですね。

営業時間 10:00~17:00 ※最終入館16:00

定休日  月曜

料金   大人1,600CFP(約2,100円)、子ども800CFP(約1,050円)

ラグーン水族館へ行くならこのホテル

目移りする品揃え[カジノ(Casino)]

465cd10a17fac1a6977d7831074f4c3e e1702362836572

ポートプレザンスショッピングセンターに店舗を構える大型スーパーの名前です。

「滞在費を抑えたい」「キッチン付きのホテルで調理したい」という方は、ここで買い物するのがおすすめ◎

チーズやワインなどフランスらしい食料品や、ローカル食材がズラリと並びます。

日本では珍しいものばかりで、ついつい長居してしまいますよ!

アクセス アンスバタエリアよりバスで約10分
※ポートプレザンス・ショッピングセンター内

営業時間 7:30~19:30 ※日曜は7:30~12:30

カジノへ行くならこのホテル

その他のエリア

ニューカレドニアの市街地はいかにもビーチリゾート!な雰囲気ですが、少し離れると緑豊かな自然が広がっています。

「異国の地でマイナスイオンに癒されたい!」という方におすすめのスポットをご紹介しますね♪

大自然のコースを満喫![ティナ・ゴルフ]

ヌメアから車で20分ほど、国内線のマジェンタ空港に近いゴルフ場です。

たびたび国際大会が開かれるほどの本格コースで、地元民・観光客問わず大人気!

レンタルクラブ付きのツアーがあるので、初心者でも安心ですね♪

美しい海を望む絶景コースで、いつもと一味違う贅沢な体験をしてみませんか?

国鳥カグーに会いに行こう[リビエルブルー州立公園]

56b9f293e3a9fc96f1a3709d3b5feb57 edited

ヌメアから車で約1時間半の自然保護区で、ニューカレドニアの国鳥カグーが見られます。

東京ディズニーランド177個分の広さを持つ公園では、約3,200種の固有種が生息しますが、まだ明らかでない種類もあるそう。

大自然に囲まれながら、トレッキングや川沿いでのランチが楽しめますよ♪

VELTRAでは、『世界ふしぎ発見!』に出演された名物ガイドさんのツアーが予約できます!

マリンスポーツ&コテージステイに![人気の離島]

ニューカレドニアには、大小さまざまな離島がたくさんあります。

  • イルデパン島
  • ウベア島
  • メトル島
  • アメデ島

どれもボートや国内線の飛行機でアクセスできて、日帰りも可能◎

ビーチ沿いのコテージでのんびり過ごしたい方や、反対にマリンスポーツ三昧をご希望の方は、ぜひ離島をプランへ入れましょう!

各離島についてはこちらの記事で解説しています♪

スポンサーリンク

[ニューカレドニアのベストシーズン]まとめ

本記事では、以下の内容を解説しました。

ニューカレドニアは日本から近く、新婚旅行や友人との旅行でも行きやすいリゾートです!

シーズンによって航空券の価格が変わるので、行きたい時期が決まったら1度調べてみるのがおすすめ。

エアトリは日本企業が運営しているので、旅行に不慣れな方でも使いやすいですよ◎

▼ ここから無料でダウンロードする ▼
航空券/飛行機予約なら-エアトリ 格安チケットで楽しく旅行
航空券/飛行機予約なら-エアトリ 格安チケットで楽しく旅行
開発元:AirTrip Corp.
無料
posted withアプリーチ

以下の記事ではニューカレドニア旅行に必要な費用や物価について解説していますので、ぜひ読んでみてください♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました