ニューカレドニア/言語は何語?英語は通じる?会話の不安これで解消

※当サイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を利用しています。

b9e901d615a7610d8393d0b8adaf35df ▶ 旅行
a5b21ea058063214381d40b2650092bf

ニューカレドニアって何語が使われてる?

英語は通じるのかな?

コミュニケーションが取れるか心配

オーストラリアの東側・メラネシアに属するニューカレドニアですが、実はフランス語が公用語です。

一方、現在でも先住民族の言葉が残る地域もあり、多様な言語が使われているんです◎

本記事の内容
  • ニューカレドニアの言語
  • 英語・日本語は通じる?
    コミュニケーションを取る方法
  • 日本語が使えるツアーやショップ紹介

本記事ではニューカレドニアの言語について、実際に現地へ行った経験をもとに解説しています。

言葉がわからなくてもコミュニケーションを取る方法や、日本語OKのツアーなどもご紹介♪

ニューカレドニア旅行を予定している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

▼私の旅行費用総額を公開しています

ニューカレドニア/物価は高い!観光費用を安くする5つのコツ

「海外の旅行サイトは安いけど不安」と感じていませんか?

旅行初心者さんが航空券・ホテルを予約するなら、エアトリのアプリがおすすめです♪

  • シンプルでわかりやすい
  • 運営会社が日本企業で安心
  • 航空券・ホテル代の5%がポイント還元
▼ ここから無料でダウンロードする ▼
航空券/飛行機予約なら-エアトリ 格安チケットで楽しく旅行
航空券/飛行機予約なら-エアトリ 格安チケットで楽しく旅行
開発元:AirTrip Corp.
無料
posted withアプリーチ

エアトリで損をしない予約方法』は、以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

公用語はフランス語

1670545 m

ニューカレドニアはフランス領の島で、多くの人がフランス語を話します。

しかし本島であるグランドテール島のほか、周辺の離島では28種類もの現地語が存在するんだとか!

たとえばイルデパン島ではクニエ語、ウベア島では西ウベア語とイアイ語が使われています。

学校教育でも、フランス語と現地語の両方が取り入れられているんですよ。

これさえ覚えれば大丈夫!フランス語定番フレーズ

a53d2b72ca0c767d749923e5c011543a edited

多様な言語が使われているニューカレドニアですが、観光客が集うエリアはフランス語が基本

でも日本人である私たちにとって、正直フランス語って馴染みが薄いですよね?

そこで、現地で「これさえ言えればなんとかなる!」という定番フレーズをご紹介します。

実際に私は、このフレーズとジェスチャーで旅行を乗り切りました!

ボンジュール&ボンソワール

ど定番ですが、まずは挨拶の言葉

  • ボンジュール(Bonjour)…こんにちは
  • ボンソワール(Bonsoir)…こんばんは

ニューカレドニアは親日ということもあり、道ゆく人は日本人旅行者へフレンドリーに挨拶してくれます。

そんな時は、自信満々にこのフレーズを返しましょう!

皆さんニコニコしながら挨拶してくれて、こちらも陽気な気分になります♪

メルシー

次は感謝の言葉です。

  • メルシー(Merci)…ありがとう

ニューカレドニアの人々はとっても親切で、困っているとすぐに近くの人が助けてくれます。

そんな温かい気遣いには、心を込めて「メルシー!」と伝えましょう。

バス停で迷ったり、荷物が重くて苦戦したり…ピンチに遭遇することもありましたが、そのたびに現地の方が手を差し伸べてくれました。

とっても大事なフレーズです!

困ったら翻訳アプリor『地球の歩き方』

当然ですが、「ボンジュール&ボンソワール」と「メルシー」だけじゃ乗り切れない場面もあります。(笑)

そんな時は翻訳アプリに頼りましょう!

現地の方は日本人旅行者に慣れているので、スマホでメッセージを入力する間もしっかり待っていてくれます。

また『地球の歩き方』には定番フレーズのほか、体調不良時に使える単語集が載っています◎

書籍ならオフラインでも使えるので、万が一の時に安心ですね!

観光地なら英語も通じる

d33b89482ee77b27242dca78e5a01947 edited

旅行者が多いヌメア市内やイルデパン島などは、ほぼ英語が通じます。

英語が堪能な方でしたら、フランス語が使えなくてもスムーズに会話できるでしょう。

もちろん、私のように英語がサッパリな方でも大丈夫◎

最初に「English OK?」と聞かれるので、「a little.(少しだけ)」と答えると、簡単な英語とジェスチャーで説明してくれます!

日本語は通じないが日本語訳はアリ

残念ながら、ニューカレドニアで日本語はほぼ通じません

日本人スタッフさんが在籍されるホテルもありますが、私は1度もお見かけしなかったので、かなり少ない人数かと…。

一方、ホテルのフロントや人気レストランでは、日本語の単語を話してくれる方も!

日本語訳付きの案内も多く、そこまで困りませんでした。

▼日本語スタッフさん在籍のホテルについてはこちら

ニューカレドニア/がっかりしない!ヌメアのホテルや水上コテージ7選

ニューカレドニアでは小学校から第二外国語の授業があり、なんと日本語も選べるんだとか!

ホテル・レストラン関係へ進む人は、日本語科目の履修が重視されているそうですよ。

日本語OKのツアー&ショップ紹介

1638386 m

旅行とはいえ、言葉が通じない土地へ行くのは不安なもの。

そこで、日本語対応がOKのツアーやショップをご紹介します♪

何かあったとき日本語で頼れるのは心強いですよね!

パッケージツアー

HISo3010803 kのパッケージツアーでは、現地支店が24時間日本語でサポートしてくれます。

ニューカレドニアのツアーを取り扱う旅行会社さんはいくつかありますが、プランの豊富さはHISがトップクラス

デメリットは、Expediaなど個人旅行向けサービスと比べると少し割高なこと。

しかし、言葉が通じない場所でトラブルに遭うリスクを考えると、宿泊や送迎車の手配をしてもらえるのはありがたいですよね。

\24時間日本語サポート付き/

オプショナルツアー

現地の送迎車や離島ツアーなど、ピンポイントにお願いしたい場合はオプションセンターさんがおすすめ。

オプションセンター

ホテルや航空券を個人手配する方向けの旅行会社さん。

現地在住35年以上の日本人スタッフさんが中心で、実際に私もお世話になりました!

メールの返信が迅速で、現地でも臨機応変に対応してもらえ、とっても心強かったです。

また、マリンアクティビティを楽しみたい方は、メトル島のアクアズールさんを利用しましょう!

アクアズール

メトル島のアクティビティ専門店。

日本人インストラクターさんが常勤されており、ツアー中も気になることを日本語で質問できます!

シュノーケリングやマリンジェットなど、人気のアクティビティがひと通り揃っています♪

現地のショッピング

アンスバタビーチ沿いのラ・プロムナードショッピングセンターには、日本人ご夫婦が経営されている”AQUA“というお土産屋さんがあります。

日本語でお買い物できる上、レンタルWi-Fiの代理店や変換プラグ貸出サービスも!

アクセスも良い場所なので、滞在中に1度は訪れてみるのがおすすめです。

フランス語や英語中心の旅行生活で、日本語が使えるお店へ行くとホッとしますよ。

スポンサーリンク

まとめ

本記事では、以下の内容を解説しました。

本記事の内容
  • ニューカレドニアの言語
  • 英語・日本語は通じる?
    コミュニケーションを取る方法
  • 日本語が使えるツアーやショップ紹介

以下の記事ではニューカレドニアの旅行費用や物価について解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました